永代供養やペットとともに眠れる霊園

少子高齢化が進む社会では、お墓の後継者に悩む人が決して少なくはありません。身寄りのない高齢者や生涯独身、子供がいない夫婦などさまざまな事情によってお墓の後継者が存在しなかったとしても「永代供養墓」を選択することによって、寺院や墓地の管理者が永代にわたって供養を行う霊園があります。永代供養墓は合祀墓とも言われます。永代供養墓には、共有の納骨施設の上に宗教のシンボルや祈念碑を建てたタイプ、納骨堂や屋内型のタイプ、一定区間内に個別の墓石を設置したタイプなどがあります。納骨の分類方法もいくつか存在しています。遺骨を骨壺に安置する場合には、遺骨の全てを安置するタイプと、遺骨の一部を安置するタイプがあります。半永久的に骨壺で安置するタイプと、一定の間骨壺で安置したあとは土に還すタイプがあります。一定の間とは三十三回忌まで又は希望する期間である場合が多いです。

また、初めから遺骨を全て土に還すというタイプもあります。供養の仕方は霊園によって異なります。供養が毎日行われることもあれば、年一回や月一回など特定の期日にのみ供養を行うこともあるのです。一般的にはお彼岸やお盆の時期に供養を行う処が多い傾向です。管理運営が公営である場合には遺骨の管理のみが行われることもあります。長い間、生活をともにしてきたペットと一緒にお墓に入ることができる霊園もあります。自分が可愛がってきたペットは自分にとって家族同然である、と考えている人にオススメです。基本的にはあらゆるペットと同じお墓に入ることができます(ペットの種類によっては要相談の場合もあります)。石碑のデザインや形などを幅広い選択肢の中から選ぶことが可能です。既にペットが眠っているお墓から改葬することやペットの遺骨を先に埋葬することも相談可能です。霊園は、提供される内容や、管理運営母体などによって料金が異なります。資料請求や問い合わせを行うことやウェブサイトを閲覧することによって比較検討を行うことが可能です。できれば実際に足を運んでから決めることが望ましいでしょう。霊園自体の雰囲気や周辺環境などを実際に目にすることによって写真とはまた異なる印象を持つかもしれません。

霊園によっては申し込みの期日や、申込者の資格、墓地のサイズなどが限定(あるいは指定)されている場合や、応募が殺到していれば抽選となることもあります。詳細は各霊園に問い合わせを行ってみましょう。

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト

*