霊園というのは広い場所にある共同墓地のことを言います。霊園には大きく分けて3種類があります。公営墓地、民営墓地、寺院墓地の3種類です。それぞれにメリットとデメリットがあるので説明をしていきます。まずは公営墓地です。自治体が運営する共同の霊園になります。メリットとしては自治体が運営のために管理する費用や永代使用料が安く済む点です。また与えられる土地も広い傾向があります。自治体のために運営は安定しており、永続的に管理してもらうことができます。宗教も問われることはありません。お墓の購入も自由に行うことができます。デメリットとしては自治体に住んでいる人しか利用できなかったり条件があることです。また随時募集しているところは少なく、さらに希望者が多いためになかなか契約することができません。次は民営墓地です。


これは民間の団体が運営する霊園になります。民間のサービスなので、いろいろなサービスを行っており、自分で希望するところを選ぶことができます。宗教も限定されることはありません。また墓石の購入などわからない場合は紹介してもらうことができます。生前にお墓をたてることもできます。設置するお墓の形なども比較的自由に選べることが多いです。デメリットは民営のため費用が高いことです。また墓石などの購入を指定業者から行わなければならない場合などがあります。最後は寺院墓地です。寺院の境内などお寺の中にある霊園になります。寺院の中にあるのでお墓の管理は行き届いており、手厚く供養を行ってくれます。法要などを行う際には寺院を利用できるので便利です。子孫がいなくなった場合も管理をしてくれます。デメリットは原則としてお寺の宗教に入らないとお墓を設置できない点です。また信者となると行事やおつきありが必要だったり、寄付やお布施を求められることもあります。住職の人柄も大事になります。霊園を選ぶ際にはこれら種類以外にもポイントがあります。まずは立地です。お参りに行きやすいところを選ぶことです。交通の便がよければ遠方でもいいでしょうし、近くても勾配がきつかったりすると年配者には大変でしょう。


次は設備です。最低でも駐車場や水道施設は必要でしょう。さらに法要を行う施設や線香やお花を購入できる売店などがあると便利がいいです。年配者でも来やすいいようにバリアフリーになっているところもあります。最後は環境です。日当たり、風通し、水はけがいいところがいいでしょう。お墓がきれいに保たれます。